競艇でお金を増やすためのブログ

競艇というスポーツを理解してもらいながら少しずつお金を増やせる知識を身につけていくことを目的としたブログです

競艇場の特徴【江戸川編】

こんばんは。

 

今日は江戸川競艇場について書いていきますね!

江戸川は他の競艇場とはまるで別物と考えた方がいいでしょう!

なぜなら河川にの中にあるからです。

そのため、干満の差による流れや、風に影響されやすく『日本一の難水面』とも呼ばれています。

 

インの1着率が40%近くもあり全国でも有数の内有利の水面になります。

 


満潮に向かっては上げ潮(2Mから1M方向へ)、干潮に向かっては下げ潮(1Mから2M方向へ)となります。

上げ潮のときに北風、下げ潮のときに南風が吹くと、流れと風が正対すると大きな波やうねりが発生します。

そのため波が得意な選手や江戸川経験の多い選手が重要になります。

 

1コース、2コースの勝率がおよそ65パーセントになるため、基本はイン中心に考えていきます。

しかし、江戸川に慣れていないと難しい水面なので地元選手や江戸川勝率を重視することで予想を当てるのは難しくないでしょう。

 

インに江戸川経験の浅い中堅選手、そしてアウトに波巧者の若手選手がいるときにはぜひ狙ってもらいたい場面です。

三連単で手広く1.2着折り返しや3連単Box、もしくは3連複がオススメ!!

 

私もメインにしている競艇場の一つですので、ぜひみなさんにも狙って頂きたいです。

また、実際に江戸川競艇場に足を運べない方でも、ホームページから予想情報を見ることができます。

こちらでは現在の水面状況や起こりやすい展開なども配信しているので、とても役に立つ情報を手に入れられます。

こうした理由から私は狙いやすい競艇場として常にチェックしていますので、みなさんもぜひ狙ってみてください。

 

そして、実際に江戸川競艇場に足を運ぶこともオススメします!

私は初めて訪れたとき、とても驚きました。

 

他の競艇場に比べるとスムーズで豪快なターンとはいえず、モタモタする艇が多いのです。

しかし、これが水面の難しさを物語っていて、これはこれでとても迫力があります。

 

ぜひとも一度は生で見てもらいたい水面です。

 

 

競艇場の特徴【戸田編】

こんばんは!

また少し更新があいてしまいました。

これでも毎日更新を目指しているのですが、

毎日続けるって大変ですね。。

 

では今回は、戸田競艇についてです。

 

戸田競艇のレースコースの幅は日本一狭いのが特徴です。水質は淡水で、水面は1年中穏やか。

他と比べて1マークでレースの大勢が決まらないことが多い傾向があります。そして2マークは差しが決まる事が多いのです。

つまり1周目のバックストレッチでアウト側にいるボートが有利ですので、1マークを全速で 「まくる」選手が有利ということです。

「差す」選手は、トップには立てず2着となる事が多いでしょう。

戸田競艇の1マークの位置はかなりホームストレッチ側に近いので、1コースの勝率があまり高くありません。

また、レースコースが狭いですが奥行きがあるので、6コースからでもそれほど不利ではないのです。

 

3、4コースの選手がトップに立つことも多く、

僕からみると予想するのが比較的難しい競艇場です。

 

しかし、1コースから決まらないことも多いので、イン逃げではなく高配当を狙いたい方にはいいかもしれません。

3、4コースを頭に2マーク差しの展開を予想して高配当を狙ってみてはいかがでしょうか?

競艇場の特徴【桐生編】

こんばんは!

今回からは各競艇場の特徴について考えて行きます。

 

まずは桐生競艇場からです!

桐生は全国24ヶ所の中で最も北にあり、最も標高の高いことが特徴です。

そのため、他に比べ少し空気が薄いそうです。

選手目線での話では「パワー・出足がやや弱い」と聞きます。

水質は淡水で、体重差・機力差が出やすい競艇場と言われています。

 

水面の広さはほぼ全国の平均くらいですが、ピットから2マークまでの長さは165mと少し長めです。これは唐津・下関に次いで全国3番目。

このため、ピット離れが良ければ内コースを取りやすく、ピット離れの良し悪しがレースに与える影響は大きいと言えます。


桐生競艇の決まり手は逃げの比率が低く、

本命狙いにはあまり適していません。

逆に言えば穴が出やすいので高配当を狙いたい人にはおすすめしたいレース場です。

しかし、僕はインからの本命レースを狙うのが主流なので、あまりオススメはしません。笑

 

 さらに、桐生競艇場には冬名物赤城おろしがあります。

赤城おろしはかなり強風で、水面が荒れるため波巧者や地元の選手が有利となります。

外枠に該当の選手がいれば舟券に入れるのもありでしょう。

 

 

やはり桐生競艇場は穴狙いの競艇場とと言えそうですね。

勝つために重要な競艇場選び

お久しぶりです。

みなさん競艇楽しんでますか?

 

さて、このブログは競艇で買って稼ぐことを目的にしてますので、早速勝つために重要なことを考えていきましょう!

 

今日考えるのは、競艇場選びについてです!

 

もちろん競艇はレジャーの一環なので近くに競艇場がある場合は実際に足を運んでホームの競艇場にするのが一番いいですね。

 

通っていれば予想屋のおじさんと仲良くなったり、競艇好きのファン仲間ができたりするかもしれません。

仲間や知り合いができるとそれだけで楽しさが広がりますよ!

 

しかし、競艇場のある場所は限られます。

なかなか生で見に行ける人も少ないのではないでしょうか?

 

そこで役に立つのがテレボートですね!

インターネットで全国の舟券が変えてしまいます。

インターネットってすごいです!!!!

 

さて、ではネットを開いて締め切りが早い競艇場から投票するぜっていうあなた!!!

少し待ってください。

 

確かに全国の舟券が買えますが、逆にレースが多くなりすぎて難しいレースを勝っていませんか?

 

僕はいつもそうでした。

特に負けた時は早く次のレースで取り返したくて、一番締め切りの早い場所を見つけては考える。明後日投票する。

この繰り返しです。。

 

これが一番やっては行けないと僕は思います。

 

しっかりとレースを選び、じっくり予想を立てて、レースを楽しむことが勝つためにも楽しむためにも重要なことです。

 

そこで僕が買うレースの選び方をご紹介しましょう。

 

①開催初日は避け、4日目から最終日を狙う

その日に開催されていら競艇場の中から後半戦に当たる競艇場から狙っていきます。

 

理由は簡単です。

 

レースの成績から選手の調子がわかるから。

モーターの良し悪しを含めた今節の状態が現れる成績が一番の予想材料です。

 

②インの強い競艇場かどうか。

これはとても重要です。各競艇場には特徴があり、コース別の着順率が変わってきます。

これに関してはもう少し詳しい記事を今後書いていくとしましょう。

 

③その日のレースの流れはどうか

②で上げたようにインの強い競艇場とそうでない競艇場があります。

予想しやすいのは圧倒的にイン強の場所です。

しかし、そんな競艇場でもインが全然勝てない日があるのも事実。

理由は気候条件によるものが大きいでしょう。

風向き、水温、波の流れ、天候の全てがレースに影響します。

 

でも僕はこれら全てを考慮して予想を立てることはできません。

実際にその場にいるわけでもないですし、どの程度影響を及ぼすのかも正直、わからないからです。

 

しかし、一番参考になるデータを知ることができるのです。

 

それはその日のレース結果!

 

????

今から買うのにレース結果なんてわかるか。

と思いませんでしたか?

 

僕は4レースまではよほど自信がない限り見送ります。その日の流れが見たいからです。

最初の4レースで1-2、1-3が続くと思えば、そのあとは多少インの選手が弱くても1から買います。

 

競艇場ごとの特徴、そしてその日の流れというのはとても重要です!

 

次回からは各競艇場の特徴についてと、特に狙いやすい競艇場について考えていきたいと思います。

 

 

 

 

僕がオススメする舟券の買い方

ご無沙汰しております。

みなさん競艇は楽しんでますか?

 

レースを見てると迫力があるし

好きな選手が決まれば応援したくなりますから

どんどん楽しくなってきますよね。

 

しかし、やはり競艇はギャンブル。

見てると舟券を買いたくなってしまうものです。

買うからには負けない舟券を買いましょう。

 

では本日の本題です。

皆さん、舟券はどんな買い方をしてますか?

 

オッズの高い3連単

比較的当てやすい連複系

6艇しかいなくても買い方は色々有りますよね?

 

今回は僕がオススメする舟券の買い方とその理由について説明します。

 

結果的には複数の買い方をするのですが、

一番買うべきなのはズバリ・・・・・

 

 

2連単(だと思っています)

 

正確には一番初めに見るのはというべきでしょうか?

6艇しかいないとはいえ

3連単のオッズ表には120通りの数字が羅列されているわけですから

なかなかピンときにくいと思います。

 

さらに言えば予想の段階で1.2着を予想してまずオッズを確認しようということです。

そして2連単のを確認した後は3連単、そして2連複を確認しましょう。

 

すると面白い数字が見えることがあります。

 

ん???

結果が同じでも払い戻しぜんぜん違うやんけ!!!!!!

 

そうなんです。

特に2連単と2連複のオッズ逆転はよくあること。

 

だから2連単や3連単の折り返しを買うくらいなら

2連複を買ったほうがお得な時を逃さないようにしましょう。

似たようなことは3連単と2連単でもおこるので要注意です。

 

さらに実力差がハッキリとしているレースでも

3着あたりになると展開に大きく左右されるので

2連単にしておくか3連単にするかよく考えたほうがいいです。

 

よくみてみると、

これなら2連単に大きくかけたほうが得だな、という時と

3着穴がきたいできるから流しておこうという時がけっこうあります。

 

なんだよ、結局2連単買うんじゃないのか。。。

 

と思った方は多いかもしれませんが、それは違います。

 

僕は2連複を買う場合でも2連単も買います。

3連単を買う場合でも2連単も買います。

 

それには何個か理由が有りますが、

まずひとつは、連複はオッズが変わりやすいからです。

 

自分を含め誰かが大きく買い過ぎるオッズがガクッと下がってしまいます。

なので、お得だと思っても万単位で買い込むということは基本はしません。

(SGなど大量に舟券が売れているときは別ですが)

 

次に、締め切りギリギリまで粘りやすいから。

ある程度売れているレースの3連単であれば

締め切り間際でオッズが大きく変わるという心配もないかもしれませんが、

一般戦レベルのレースであれば締め切り間際でオッズが変動します。

 

そんな中で自分が予想した3連単をギリギリまで追い込むのは大変になります。

そのため2連単以外の舟券は早めに決めておき

2連単だけはオッズの変動が収まるギリギリまで我慢してから買います。

 

すると、以外に高配当が変えることは意外とあります。

特に人気舟券は終盤に更に売れる傾向があるので

その他はギリギリでオッズが上がったりします。

 

こうしたオッズの歪に柔軟に対応できるのが2連単だと考えます。

 

みなさんも良かったら2連単を意識した舟券選びを試して下さい。

 

 

競艇の勝敗は1マークで決まる!

各艇の捌き方、スタートタイミングの予想の仕方を解説しました。

狙うべきは。。。そう!

進入固定レース!!

 

これだけで舟券が買える!!

そう思うのは少し早いかもしれません。

予想を立てる際にはまだ考えておいたいい方があります。

 

ズバリ、1マークの攻防です!

 

競艇のほとんどは1マークで決まりますので、ここが1番重要です。

 

ん?ちょっと待って?

各艇の捌き方はもう考えたよ

そんな声が聞こえてきそうですが、スタートがうまくいけば完璧な攻めができるわけじゃないんです。

 

実際、スタート直後の隊形のまま、1マークを回ることはほぼありません。
その原因はモーターの伸びにあります。
初心者の方でも、モーターが出ているという言葉を聞いたことがあるかもしれません。


簡単に言えばすごく良いモーターということ。

このモーターが出ていると、直線を走っていても、ものすごい勢いで伸びます。
良いモーターを獲得ならスタートに失敗しても、1マークまでには追いつき、同体になることも珍しくないのです。
スタートで半艇身も前にいたならば、1マークまでには、1艇身ほど出て内側を絞り、捲ってしまいます。

そのくらい、モーターの優劣は重要になってきます。
じゃあ、モーターは何を判断基準にするのか!


それは、展示タイムです。

 

展示タイムが他艇よりも大幅に速い選手は要注意!

逆に遅い選手は割引きして考えます。

 

また、モーターの2連対率も上位になっているほどいいですので、
40%以上の2連対率を持つモーターならば、チェックしなければなりません。

ただし、1号艇は展示においてまったく波の無いところを走ります。

2号艇以降は本番ほどではないですが、

多少、他艇の波の影響を受けます。
そう考えると、1号艇が展示タイム一番時計を出しても、大きな要素にはなりません。
むしろ1番時計でない1号艇は大丈夫なのか、少し不安に思うくらいで良いと思います。

 

こうした情報を考慮して1マークの展開を予想しましょう。

ここで、各艇の捌きを思い出します。いくら1コースにA1の強い選手がいたとして、
2コースにB2のスタートの遅い選手がスタート遅れたとします。
本来、外の艇の攻撃を防御してくれる2コースがスタート遅れて、いないのと同じであれば、
簡単に1コースの選手が飛ぶことも多々あるのです。

スロー3艇、ダッシュ3艇の枠なりで、4号艇がトップスタート切って、角受けの3コースが
凹んでいたら、4号艇はほぼ、内側の艇を絞り捲りにくるでしょう。

このように様々な要素を考慮して1マークの展開を考えていくことがだいじですね。

 

どんなレースから狙うべきか!

前回までに各コースの捌きの考え方、スタートスリット予想について書いてきました。

 

ここまでの話でスタートがほぼ同時ならば、捌きがどのようになるかを想像してもらえたかと思います。

 

しかし、これはあくまで基本の話。

例外は多々ありますので買うレースは慎重に選ばなければなりません。

 

そうなると、実際どんなレースを買えばいいの?という話になります。

 

もちろん色々な考え方がありますが、まずは枠なり進入になりそうなレースを購入することです。
枠なり進入とは、枠番と同じコースからスタートするレースのことです。
1コース=1号艇、2コース=2号艇・・・6コース=6号艇となるレースです。

 

枠なり進入ならばコース争いが無いため、選手の思うような助走距離を取ることができます。
これは練習と同じような位置からスタートできるということです。

つまりスタートが安定しやすいのです。

スタートが安定すれば、波乱が少なく、イン有利の展開になります。

 

そうなればこれまでお話しした内容を参考にしてもらうことができます。

 

もしも外の5号艇、6号艇が前付けして、内側のコースを主張してしまうと、

スタート位置が前に深くなってしまい助走距離が短く不安定なスタートになります。
また、十分にスピードが乗り切らない前にスタートするため、簡単に外の艇に捲りきられる展開にもなり、波乱が起きやすくなります。

 

ですので、最初はスタート展示や、選手の過去のコース取りを考えて枠なり進入のレースのみを買うことをお勧めします。

 

さらに言えば、最近では進入固定レースという枠なりが強制されたレースもありますので、まずはこちらを狙ってみて下さい。